大きくする 標準 小さくする
  • TOP
  • 部紹介

部紹介

■小樽商科大学ラグビー部とは

 

大正14年(1925年)に小樽高商ラグビー部として発足し、
今年で創部90年を迎える伝統ある部である。

創部当時は指導者がいなかったが、
ラグビー入門書「HOW TO PLAY RUGBY」を頼りに自分達の力で功績を築き上げてきた。

参考書を頼りに始まった当ラグビー部ではあるが、
昭和12年には北海道地区高専大会で初優勝した。
その後、昭和40年頃には藤江正先生の監督就任を機に、
昭和45年、49年、51年と北海道地区大学ラグビーフットボール選手権大会で優勝し、
全国地区対抗大学大会への出場を果たした。

平成に入ってからの北海道内での最高位は、
平成4年の北海道地区大学ラグビーフットボール選手権大会1部トーナメントベスト4である。
しかし翌年平成5年には、1部トーナメント、入替戦に敗戦し、
創部以来初の2部リーグ落ちという屈辱を味わう。

平成5年のシーズンを最後に藤江正監督が勇退し、
平成6年からは島田陽一先生(現早稲田大学ラグビー部長)が監督に就任する。
2部リーグでは優勝したが入替戦に敗戦し、1年での1部復帰はならなかった。
翌年平成7年の入替戦に勝利し、2年ぶりに1部に復帰した。

しかし、翌年平成8年に2部に再び陥落し、これから長い低迷の時期が続いた。
2部で苦悩の時を過ごすこととなった当ラグビー部は、
後援会からの支援体制も強化され、元日本代表の横井章氏を臨時コーチに招聘した。
そして再び1部リーグに復帰したのは平成17年、ちょうど当ラグビー部80周年の節目の時であった。

その間、1部はトーナメント戦からリーグ戦となり、
平成18年は1部リーグ5位、平成19年に3度目の2部降格した。
そして平成20年、再び「1部奪回」という目標を掲げ、
横井章氏を3度目の臨時コーチに招き、遂に1部奪回を果たした。

平成21年は1部リーグ5位、平成22年は1部リーグ4位と確実に順位を上げている。

我々は強い小樽商科大学ラグビー部の復活、そして全国大学選手権への出場に向けて着実に歩み始めた。
学生と後援会が一体となり、更なる高みへの挑戦と、伝統ある小樽商科大学ラグビー部を次世代に継承していくことが我々の使命である。
 




 



■2017年度 チーム体制

氏名 ポジション 学科・学年
監督 乙政佐吉 -
部長 乙政佐吉 -
主将 菅原康平 PR 企業法学科・4年
副将 森隆氏朗 PR 企業法学科・4年
主務 松村太輝 HO 企業法学科・4年
副務 荒巧介 SO 社会情報学科・3年
MGリーダー 生熊亜希奈 - 社会情報学科・4年
 


■練習時間

 
曜日 時間帯
月曜 オフ
火曜 14:30~
水曜 14:30~
木曜 筋トレ
金曜 オフ
土曜 10:00~
日曜 10:00~
※学校がある時期のスケジュール(予定)です。
練習時間は変更することがありますのでご了承ください。